NEWS

Yahoo!ニュース ミケルソンは47.75インチ! 米ツアーで流行する“長尺ドライバー”ってアマでも使える?

最近の米国男子ツアーではボール初速を極限まで高めることで、飛距離を伸ばそうという考えが主流になっている。その方法のひとつが、50歳で「全米プロゴルフ選手権」を制したフィル・ミケルソンや、ブライソン・デシャンボー(ともに米国)が取り入れているドライバーの“長尺化”だ。
ミケルソンは全米プロで47.75インチを投入。デシャンボーはルールギリギリの48インチを過去にテストしている。物理的に考えれば、ドライバーを長くすればヘッドスピードが上がり、ヘッドスピードが上がればボール初速もアップすることになる。しかし、長くすればするほど、“振りにくさ”が出てしまうもの。プロの安定したスイングならまだしも、アマチュアゴルファーも“長尺化”の恩恵を得ることができるのだろうか?

TA-98を監修した安楽拓也が教えます。